2007年11月20日 (火)

ガリレオ

久しぶりにドラマにはまってます。

それは……「ガリレオ」

ガリレオ!!!!めちゃ面白い!!!

っていうか、ガリレオ先生!湯川先生のかっこ良さがハンパ無いです。

湯川先生は大学の准教授です。

何度「ゼミの先生が湯川先生だったら…」と思ったことか。

福山雅治がね、ハマリ役なんです。

あの顔とあの声で、あのキャラとか…反則にもほどがあるって言うんですよー!!!

あああああかっこいい!!!

毎回毎回にやにやにやにやしながら見てます。

ほんと、久しぶりにはまってるなぁ。。。

一年前のコトー以来じゃないかなぁ。笑

コトー先生と、湯川先生。

吉岡秀隆と、福山雅治。

共通点は、二人とも「先生」なこと。

二人とも30代半ば~後半なこと。

あと、相手役が両方柴咲コウなこと。笑

実は柴咲コウが好きなだけだったりして…;;;好きだけど。

総合するとやっぱコトーだけど、でもガリレオはガリレオでコトーとは全く違う面白さがあるし…。

これからも、毎週ニヤニヤしながらガリレオ見続けまーーす!!

今度はB専って言わせない!!笑

| | コメント (7)

2007年11月16日 (金)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

やーっと観てきましたよー!!

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」!!!

以下、ネタバレは特にありませんが、あまりにも気にする方は読まない方がいいです。

続編が決まってから、ずっと楽しみに待ってましたぁ。

前作でヒロミにプロポーズした茶川。

だけど、茶川の元を離れて踊り子に戻ったヒロミ。

やっぱ気になるのはこの二人がどうなったか…ですよねぇ。

そして今回は、前作から4ヶ月後(…でしたっけ?)の夕日町三丁目のお話。

三丁目の住人は、相変わらず三丁目の住人でした。

映画しょっぱなから「ええええええ!!??」って感じでしたけど、それは映画を見てのお楽しみ…。

前作とリンクしている点もいろいろあって、前作が好きな人は絶対見た方がいいです!

やっぱ六ちゃんと一平ちゃんのコンビ好きだなぁ~。ほんと姉弟みたい!

そして新たに鈴木オートに預けられることになった美加ちゃんも、かなり良いです♪可愛い!

トモエさんはやっぱり優しくて温かいお母さんだし…

鈴木オートみたいな家庭、いいなぁ~。

そして茶川さんと淳之介。

淳之介は…「でかっっ!!!」って感じでした。笑

声変わりしてるし!!!

成長期の子役にとって4ヶ月後って設定はさすがに無理があったみたいです。笑

そして茶川さんも、なんか人間的に変わった感じ。

空白の4ヶ月間、淳之介と生活してきて、茶川さん自身きっと変わった所もあるんでしょうね。

色々とシビアな問題を抱えつつ、芥川賞をもう一度狙うことを決意し…。

ヒロミともね…これはさすがにどうなったかは書けませんけどね…

正直、映画館でボロ泣きしました。

あのシーン。新幹線のね。

あああこれ以上書くとほんとにネタバレになっちゃうのでやめときます。

あー…もうこの時代、この夕日町三丁目に行ってみたい。

みんな生き生きしてた。

以上、なんか文章にまとまりが無いけど映画の感想でした。

だって、語りたいことが多すぎて!!まとまらないんだもん!!

ってか、ついついパンフレットまで買ってしまったし。笑

まあ吉岡さんのインタビューとか載ってるからいいかぁ~♪えへへ…

友達2人で見に行ったんですが、そのあと1人と合流して、飲みに行きました。

行ったのは三丁目気分を引きずったまま、昭和食堂という昭和風居酒屋。店内の作りが昭和っぽくなってるんです♪

ってか、ホントこの店にして正解だと思いました。

昭和いいねぇ…。

あーー!!もう一度映画見たいです!!!

皆さんも、機会があったらぜひ!

| | コメント (7)

2007年10月20日 (土)

好きだったアニメ

071017_123101_2 こないだ食べたデンマーク産モッツァレラチーズのトマトソースオムライス!!

せっかく写メ撮ったので、意味なく載せておきます。

「美味しいもの図鑑」作って以来、食べたものを写メるのにハマッてます。

更新はしてないけど。笑

今日は~学校の図書館行ってきました。もちろん卒論。

あまりにヤバイので、土日バイト休み貰っちゃいました。多分来週はもっとやばいんだろうけど…来週の土日はバイトきっちり入ってます;;

なので、大学の図書館行ってお目当ての文献を探して。

で、書庫にある文献を取ってもらおうと司書のお兄さんに頼んだんだけど、「土日は書庫の本持ってこれないんですよ~」だって!!

暇そうに本読んでるんだから、取って来てくれたっていいじゃない!

なので、予定が若干どころか大幅に狂ってます。やっばーーい;;;

帰ってからはグダグダ…ダメ人間の本領発揮。

何故かわかんないけど、一時間ぐらい小学校の頃好きだったアニメについてネットで調べてました。

時間の無駄遣いにも程がある!!!

だって!小学校の頃好きだったアニメ達を思い出して、「そういえば最終回ってどうなったんだっけ…?」とか考えたら一つも覚えてなくて。

最終回になる前にアニメ見るのやめちゃったのかもしれないけど。

ってなわけで調べてたんですが、結局よくわかんなかったです。

小さい頃好きだったアニメ。トップ5を挙げろというなら

幽遊白書

スラムダンク

忍たま乱太郎

セーラームーン

ドラゴンボールZ

ですねー。全部小学校低学年ぐらいの時見てたと思います。忍たま乱太郎は幼稚園の時かな??

「幽遊白書」は、蔵馬っていう、赤いロン毛の人が好きでした。シール持ってた。笑

あと、当時キャラクターの絵を描くのが得意で、みんなの連絡帳にイラストを描いてた記憶があります。笑

「スラムダンク」は今も好き!けっこう前に漫画を全部読んだのですが、めちゃめちゃ感動作ですね!!

ミッチーが好きだった。3Pシュートに憧れた。中学のバスケ部時代がよみがえります…。

「忍たま乱太郎」も好きでした~絵本持ってたし!

今ケーブルTVのキッズステーションで、ちょうど私が見てた頃放送してたのを再放送してるんですが、暇な時はついつい見てしまいます。笑

21歳なのに…;;さすがにやばいかな;;;

「セーラームーン」は、皆見てましたねぇ~でも最終回ってどうなったんだろ?

セーラーマーキュリーが好きでした。ちなみにウチのわんこの名前はセーラームーンのキャラクターから来てます。笑

「ドラゴンボールZ」もよく見てた。どの辺を見てたかよくわかんないけど、好きだったのはトランクス。特にロン毛の時。自分ロン毛好きだなぁ…。笑

以上!!

次点は「日本むかし話」とか?「レイアース」とか「グルグル」とかも好きだったー。題名間違ってるかもだけど。

っていうか、なんかキモめな内容になってごめんなさい;;

あ…もしかしてドン引きですか??

ちょっと、もう、頭が現実逃避して過去に逃げたがってるんだと思うので、スルーしてあげてください。

では、過去に逃げるのはこの位にして勉強に戻ります。

| | コメント (9)

2007年9月10日 (月)

あいのり

今「あいのり」見てます。

あいのりってたま~に見るけど、見るたびに人が変わってるなぁ。昔からこんなに人のサイクル早かったっけ?

あいのりは中学の頃よく見ていました。

あの頃は年上のお兄さんお姉さんたちの恋にただ憧れて見てたけど、今は普通に同世代が出てるんだよね~。

中学の時は一番好きだったなぁーダイスケって人が好きだった。なっちゃんって綺麗な人と帰ってったけど…もう別れてるんだろうなぁ~。

ってか…「くぅ」って子「モリケン」へのアピールハンパ無い!笑

完全に落としにかかってんじゃん!!!笑

ああ…こういう天然(ってか計算??)魔性いるんだよね。

飲み会で率先して「○○君、サラダよそおうかぁ??」みたいなねー。

「○○君って面白~い」(ボディータッチ)

ごく自然と「○○君かっこいい!」

一見気が利いて、男をたてて、でたまに男の子がドキッとするような事をしちゃう!!

こういう子って…それを見せる場所によるけど、計算ですよねー。

さりげないタッチと接近とエロスとね。

童顔なのにナイスバディーみたいなね。

そう、そういう子っているんです。うんうん。

で、これまた男性がコロッといっちゃうんですよおおお!!

………って、私は何をブログに吐いてるんでしょうね。

あえての素の感想を、思ったままに書いてみました。

中学の頃とは違って、こういう風な見方するから面白くなくなるんだよね。純粋に見れなくなるんだよね。

まあ面白いっちゃ面白いけど。

本音の本音を言えば、

私もくぅみたいな女の子になりたいです。笑

| | コメント (5)

2007年7月 8日 (日)

シックス・センス

昨日はテレビでシックス・センスをやってましたね。

以前見たことあったけど、せっかくなのでまた見ました♪

以下ネタバレ御注意ください。

シックス・センスは、小児精神科医のマルコムと、幽霊が見えるという少年コールのお話です。

物語は、マルコムが10年前に担当していたビンセントという患者に銃で撃たれ、その後目の前でビンセントも自殺をしてしまうという場面から始まります。

ビンセントは死ぬ間際、一人でいる事の恐怖を訴えていました。

そして1年後、ビンセントとよく似た症状を持つコールと出会います。

コールが抱えていた秘密…それは死んだ人が見えること。

母親にも打ち明けられず、周りからはバケモノ扱いされ、コールはたった一人で恐怖と戦っていました。

その後コールはマルコムの助言のもと、恐怖にたちむかい、恐怖に打ち勝ちます。

そして最後は母親や友人達ともうまくやっていけるようになりめでたしめでたし…

なんですが。

この先が、この映画最大のオチなんですよね。

ネタバレ注意とはいえ、さすがにこのネタバレは控えておきます。

有名な映画&オチなので知ってる人多いでしょうけど…

私は最初この映画見たとき

「うえええええええ!!!???」って

死ぬほど驚きました。

鳥肌モノでしたよ、正直。

だって!!だって!!ねえ!?

でもこの最後のオチ、私の周りではみーーーんな途中で気づいていました。

「始まって10分で気づくよー!!」

「気づかない人とかいないでしょ!?」

皆そんな感想。

アレ…そんなもんなの??

一切気づかなかった私って一体…。

まあ、気づかない方が楽しめるっちゃ楽しめると思いますけどね;;

皆さんはこの最大のオチ、すぐに気づきました?

| | コメント (6)

2007年6月 5日 (火)

無題

昨日夜中3時までかかって終わらせた論文の日本語訳の課題。

やる範囲を間違えてた。

訳さなくちゃいけない論文の一個前の論文を訳していました。

あ~あ。

全部ムダになってしまった。

う…うう…。

6時間かけたっていうのに…。

最初からやり直しだぁ~い。。。

さて。今日はサッカーコロンビア戦でした!!

結果は引き分け!!でもキリンカップ優勝!!

残念ながら今日は楢崎は出なかったけど。

でも遠藤は出たし~前回でなかった俊輔や稲本や中田浩も出たし~♪

でも。ちょっと試合結果には不満足、かな。

もっとシュート打ってほしかった~。点決めて欲しかった~。

遠藤も、もっと活躍して欲しかった~。

次はアジア杯?楢崎また呼ばれるといいなぁ。

まだまだ、川口には負けないもんねっ!!

今「リンカーン」見てるけど、静岡の事やってる。

リンカーンの視聴率が静岡が最低だから、静岡ジャックに来たらしい。

…たしかに、いっつもリンカーンって見てないや。笑

ってか、普段遊んでる場所がテレビに映るとちょっと興奮しますよね。笑

田舎だからかなぁ??

あ、テレビ終わった。

そういえば全然関係ないけど。

昨日「小田巻は不倫に走る顔をしてる」と言われました。

どんな顔ですか;;

っていうか全然話題がつながらないねぇ。

だって気分激萎えだもの。

あー朝の3時までかけたのにぃぃぃ。。。

寝不足で眠いのに課題イチからやり直さなくちゃいけないぃぃぃ。。。

しかも明日は1コマから授業で6時に起きなくちゃいけないぃぃぃ。。。

しかも久しぶりにIっちと飲み行くしぃぃぃ。。。

ブログ更新する暇あるならやれって話ですね。では。

| | コメント (10)

2007年5月 8日 (火)

三丁目の夕日

ムフムフ♪♪

買っちゃいました。

ムフ♪

GW中、中古で見つけて衝動買い。

070508_211402「 ALWAYS三丁目の夕日」

買っちゃった買っちゃった~♪

あ、一応以下ネタバレ注意で!

もちろん吉岡さん目当てですが、映画自体も大大大好きで。

もうね。心があったまるんですよぉ。

いいなぁ~この時代。昭和33年、もちろん私は生まれてないんだけど、何故か懐かしい気持ちになってきます。

この話に出てくる人、み~んな大好き。

吉岡さんが演じるのは、売れない小説家兼駄菓子屋の店主、茶川竜之介。

仙人のようなコトー先生とは違って、かなり人間味があふれるキャラクターです。

個人的に、映画の最初の方で、茶川が子供達にバカにされた後、クジに必死に「スカ」って書いてるシーンが好き。

でも一番好きなシーンはやっぱ茶川からヒロミへのプロポーズのシーンかなぁ。

ああ、でも六ちゃんが腐ったシュークリーム食べて食あたりになっちゃうシーンも好きだし。

鈴木オートにテレビが来たシーンも好きだし。。。

淳之介と一平も捨てがたい。。。。

も~最初っから最後まで全部いいから、一番好きなシーンとか選べませんね~。

思わず笑っちゃう。思わず泣いちゃう。そんな感じ。

この映画の続編、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は11月ロードショーだそうです。

絶対映画館に見に行く!!!!

あ~あと半年か…。

なんかこのDVD見てたらまた昭和食堂行きたくなってきちゃった。笑

友達誘ってまた行こ~っと♪

| | コメント (13)

2007年4月13日 (金)

頭から離れない

ウ~ッ!!!

モルツッモルツッモルツッモルツッ♪

モルツッモルツッモルツッモルツッ♪

どうもこんばんは。

吉岡さんのモルツCMを見ることだけが最近唯一の癒し、小田巻です。

ココ見ると、モルツがうまい町の詳細が!!

CMも見れるぅぅ~。

あへへへあへへへ。

さて、最近学校の話ばっかりで読んでる方もツマンナイと思いますが、今日も同じような話題です。

学校が始まって1週間。まあ行ったのは3日間だけだけど。

もう精神的にボロボロに疲れました。

課題やら何やら、常に追われてる感じ。余裕が無いまま次から次へと押し寄せてくる。

まあ、半分は自分が春休み中にやっておかなかったのが悪いんだけど。。。

その上、土日はガッツリバイトだしさ。

来週以降は新歓系のいろんな飲み会の予定が…。

あああ~卒論テーマ決めなくちゃ、決めなくちゃ、決めなくちゃ…。

とりあえずは。

ゴールデンウィークまでカツカツに頑張ろう。

そしたらモルツで乾杯だ~♪♪

| | コメント (7)

2007年4月 9日 (月)

春休みももう終わり

春休みももう終わりですよー。

明日からまた学生生活が始まります。

所属するゼミも明日わかります。どの先生の所かなぁ…。

春休みあっという間だったな。どっこも行かずにバイトで終わっちゃった…。

ああー、結局春休み中にやろうと思ってた吉岡秀隆コンプリート計画も途中だし。

一体この2ヶ月、私は何やってたんだろ??

いいやいいや。吉岡秀隆コンプリート計画はこれからでも十分間に合うし。

旅行は夏休みのお楽しみにすればいい。

それより何より、今は春休み中の課題がちっとも終わってないっていうのが……(ゴクリ)。

ま、なんとかなるでしょう…;;

課題の事は置いといて、、、皆さん見ましたっ!!??

え?何をって??

も~決まってるじゃないですかぁ~。

吉岡秀隆新CM!!

サントリーモルツのCMですよぉぉ~。

もーね!!もーーね!!!

ヤバイね!!!!

CMで流れるたびにニヤニヤしっぱなしですよ!!

何であんな素敵なの??

吉岡さんとデートするなら…(急に妄想入りますよ)

30代の吉岡さんなら、きっと大人なデートをするんだろうな。

…ってか大人なデートってどんなの?

夜景の見えるレストラン。吉岡さんが指をパチンと鳴らすとウエイターがワインを持ってきて。

「君が生まれた年のワインだよ」

みたいな??

そしてもう一度指を鳴らすと、今度はホテルのキーが出てくるみたいな??

え??センスが古い??

いやでも実際吉岡さんにこんな事されたら死んでしまうかもしれない。笑

要は何をするかじゃなくて、誰がするかって事なんでしょうね。

ちなみに、吉岡さんとデートするなら大人デートも憧れるけど…。

手を繋いで、ただの~んびりと歩いていたいです♪

「手を繋いで」が重要。吉岡さんの手めっちゃキレイなんです。うへへへ。

まあどっちにしろ妄想の範囲を出ることは無いわけですが…。

さ、キモイ妄想は切り替えて、明日からの学校に備えましょう。

オヤスミナサイ。

| | コメント (7)

2007年3月17日 (土)

学校Ⅱ 四日間の奇蹟

吉岡秀隆コンプリート計画遂行中。

でも近所のTSUTA○Aの品揃えが悪すぎて泣きたくなりました。だって邦画のコーナーが棚1つ分しか無いんだもん。

洋画5割、アニメ3割、邦画1割、韓流コーナー1割、みたいな感じ。

コンプリート計画はなかなか難しそうです。

今回は「学校Ⅱ」(1996)と「四日間の奇蹟」(2005)を見ました。

以下ネタバレ御注意ください。

「学校Ⅱ」は「武士の一分」の山田洋次監督作品です。

舞台は高等養護学校で、そこにいる生徒や先生の交流や苦悩が描かれています。

吉岡さんは軽度の障害を持つ生徒、高志役。

障害が軽いからこそ、周りの人が自分をどういう目で見ているか解ってしまい、そのために社会に出る事に対し悩み苦しんでいるという役です。

感動できる作品で、なおかつ深く考えさせられる内容でした。

障害を持った人たちがいかにして社会に出て行くか。

卒業式のシーンは涙無しでは見られませんでした。

10年ぐらい前の作品だけど、現在も日本の社会は同じ問題を抱えたままなんじゃないでしょうか…。

「四日間の奇蹟」は石田ゆり子さんと共演している作品です。

劇中にたくさん出てくるピアノの音色のように、優しい感じの映画でした。

でもやっぱ切な過ぎる…。

吉岡さんが演じるのは元ピアニスト、如月敬輔。

ピアノの前でのキスシーンがとても綺麗でした。ウヘヘ~。

個人的には石田ゆり子さんをおんぶしてるシーンもかなりウヘヘでしたけどね。笑

吉岡コンプリート計画はまだまだ続きます。

最近ブログの検索ワードの上位のほとんどが吉岡さん関連で、ファンとしてはとっても嬉しいです。

「吉岡秀隆 モルツ」とか「吉岡秀隆 次長課長」とか、多分CMのコトを調べようと思ったのだろうけど…。

そうそう、テンプレ変えてみました♪春っぽく桜です。

桜が散る頃、また元に戻します。

あんまりテレビに逃げないで、現実の生活もこの桜のように花開きますように…。

| | コメント (9)